ED薬レビトラの効果と副作用|個人輸入と体験談

レビトラは超有名なED薬です。レビトラの勃起治療効果は認められています。ですから、世界中レビトラ使用者は非常に多いです。レビトラは薬として、副作用がありますか?今まで、重大な副作用という報告がありません。安全な勃起治療薬です。今レビトラ個人輸入サイトから購入する人がたくさんいます。そのサイトにはレビトラの使用体験談が記載されています。ご参考ください!

レビトラの効き目について

レビトラは、バイアグラに続いて世界で2番目に売り出されたED治療薬になります。
アスピリンの開発などで有名なドイツの製薬メーカーバイエルから厳しい臨床実験を経て売り出されました。
日本では、レビトラは2004年6月に5mgと10mgのレビトラの販売が始まり、2007年7月に20mgの販売が始まりました。
実際に日本の医療現場使用されているレビトラは、10mgと20mgであり、5mgと言うものは存在しません。
バイアグラの主成分がクエン酸シルデナフィルに対してレビトラは、塩酸バルデナフィルとなっています。
レビトラは、バイアグラとは含まれている有効成分が違う同じED治療薬です。バイアグラの有効成分はシルデナフィルという物質なのに対して、レビトラはバルデナフィルという有効成分が含まれております。
患者様のお体の状態や体質によっては、バイアグラよりもレビトラのほうが効果があらわれる場合もございます。また、その逆のケースもございます。
レビトラは、バイアグラの欠点を補正するかたちで販売されており、効果時間がバイアグラが5時間に対して、レビトラは8~10時間と長くなっています。
また、レビトラの特徴として、効果の出る時間がとても速くなった事が上げられます。レビトラは服用後、早い人ですと5分ぐらいで効果が出る事もあり、平均的には15分程で効果を実感できます。
レビトラは、海綿体に働いてその部分の血流を良くする効果がありますが、同時に同じ効果が体全体でもおきていますので、循環器系の病気に掛かっている人は注意が必用です。